義歯

保険外治療の入れ歯

保険外治療の入れ歯

保険治療外の入れ歯は高額ですが、そのデメリットを充分にカバーするだけのメリットを秘めています。保険治療で使用されるレジン製の入れ歯に比べ「審美性」「装着感」「噛み合わせ」いずれも優れ、生活に不便さを感じることがほとんどありません。保険外治療の代表格である金属床義歯は、お食事の際に食べ物の熱が伝わるため食事も楽しめます。くわしくは以下をご覧ください。

金属床義歯に用いられる素材

金属床義歯に用いられる素材

床素材に用いる金属には様々な種類があります。患者さんのご要望や症例に合わせて最適なものをお選びください。貴院で複数候補がある場合はご相談もお受けします。お気軽にご連絡ください。

コバルトクローム合金

金属床に用いられるもっともポピュラーな歯科素材。豊富な適応症例から、信頼と実績のある金属です。強度と柔軟性を兼備し、自然な装着感を得られます。合金なので熱伝導は純金より遅いのですが、保険治療のレジン製入れ歯の物と比べると快適さは大幅に良くなります。生体親和性はチタンなどに比べ劣りますが、価格は一番安価です。

純チタン

従来、鋳造が難しかったチタンですが、現在では安定した鋳造法が確立され純チタン床の技工物が製作できるようになりました。純度100%の金属のため生体親和性に優れているのが最大の利点です。また、チタンならではの軽量感や高い硬度も技工物としては理想的です。

金合金

金を主成分として造られた歯科素材です。高い加工性と生体親和性に優れているのが特長ですが、治療費が高額というデメリットもあります。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

マグネットデンチャーは磁石を用いた入れ歯です。入れ歯を支えるためのバネを使用せず強力な磁性アタッチメントを利用することで、優れた審美性と機能性の高さを実現しています。また、着脱できるためケアがしやすく、清潔に使用することができます。